独立開業!おすすめHP作成ツール紹介

ホームページ作成における広告の活用術!広告の種類と特徴

ホームページ作成における広告の活用術!広告の種類と特徴

ホームページの閲覧数を増やすひとつの手段としておすすめなのが「広告」です。

ホームページを作成したからとすぐ閲覧数が増え、問い合わせにつながることはまずありません。公開してから短くても3ヶ月、一般的には6ヶ月〜1年ほど経過してようやく閲覧数が伸びてくるのものなのです。

そこで、今回はホームページ作成において広告を活用する意味、種類と特徴についてご紹介しましょう。

1.ホームページ作成における広告の活用術

企業や店舗にとってホームページとはひとつの集客ツール、営業ツールです。

その為、まずホームページの閲覧数を増やす必要があるのですが、実はこれが一番難しいところで大抵のホームページは閲覧数が伸びずに悩んでいます。正直、閲覧されないホームページは存在していないのと同じです。

では、どうすれば閲覧数を増やせるのかですが、答えのひとつが「広告」と言えます。

インターネットを利用しているといたるところで広告を目にすると思います。たとえ検索による直接の閲覧がなくても、広告という「入口」を別のホームページやSNSなどに設置しておくことで閲覧数の伸びることがあるのです。

2.ホームページ作成で活用したい広告の種類と特徴

ホームページを作成したとき広告を活用することで閲覧数を伸ばせるとのことですが、必ずしも効果があるとは限りません。と言うのも、ホームページに関連する広告にはいくつか種類があり、上手に活用しないと効果が出にくいのです。

リスティング広告

リスティング広告とはホームページ関連の広告でもっとも活用されるもので、「検索連動型広告」とも呼びます。

何かしら情報を得たいとき、誰もがまずGoogleなどの検索エンジンにキーワードを入力して検索します。この時、検索結果として表示されたホームページの題名の下、URLの横に「広告」と入っているものがリスティング広告です。

リスティング広告を作成すると、設定したキーワードに対して必ず上位表示されるので閲覧されやすくなります。

ただし、リスティング広告は入札制を取っているため、人気の高いキーワードで作るには費用が高くなります。それこそ100円から始められるものもあれば、100,000円以上のものもあるため頻繁に使用するのは予算的に大変です。

例えば、イベント開催用のホームページを作成したとき、一時の告知のために使用するのには効果が期待できます。

ポータルサイト広告

ポータルサイトとは特定のジャンル、または総合的な情報を集約させたサイトのことです。

Yahoo! JAPANやGoogle、Naverなどがポータルサイトと呼ばれるものなのですが、有名どころになると月間何万もの閲覧数を集めています。つまり、そこに広告を設置できればそれだけ多くの人々の目にとまるかもしれないのです。

さらに、化粧品の広告を美容関係のポータルサイトに設置するなど、商品のジャンルに合わせたポータルサイトを利用する方法もあります。閲覧者は美容関係に興味があって閲覧しているため、商品にも関心を向けられやすいです。

しかし、広告を作る費用はポータルサイトによって様々あり、例えば以下のような契約が挙げられます。

  • クリック数保証型…決められた回数だけクリックされるまで掲載する
  • インプレッション型…決められた回数だけ表示されるまで掲載する
  • 期間掲載型…決められた期間だけ掲載する

また、特定のジャンルのポータルサイトでは競合他社もまた同様に広告を作っていることがあり、閲覧者に比較されることも珍しくはありません。商品の強みを打ち出せていないと、結局閲覧数につながらないことも多いのです。

SNS広告

SNSとはFacebookやInstagram、Twitterなどのことでここに広告を載せるのが最近の流行りになっています。

例えば、Facebookであればタイムラインの右側に表示されるのが広告なのですが、SNS広告は他の広告に比べて売り込みがあまり感じられないことから嫌煙されずに自然とクリックされやすいのが特徴です。

また、広告を掲載する費用はこちらで決めて入札できるので、予算をコントロールしやすいのが魅力です。たった1件の広告が有名人の目にとまり、そこからバズ(口コミが拡散する)って閲覧数が急増することもあります。

しかし、SNS広告は他の広告以上にターゲットをリサーチしておかないと、求めるような効果はまず得られません。

極端な例ですが、40代男性向けの育毛剤の広告を、20代女性の割合が多いSNSに投稿してもまず目にとまらない訳です。もしターゲットに合った商品があるのであれば、SNS広告を作成することで効果が期待できるでしょう。

3.まとめ

作成したてのホームページ、イベント用のホームページは閲覧数の伸びないことがよくあります。

Googleのような検索エンジンからまだ評価を得ておらず、キーワードで検索しても上位表示されないのですから当然です。だからこそ、リスティング広告やポータルサイト広告、SNS広告などを駆使して閲覧数を増やしていきます。

ただ、「広告=閲覧数」とは必ずしもつながらず、とくにターゲットのリサーチ不足ではまず成果にはつながりません。

まずはターゲットを十分にリサーチした上で、どの広告にどのような情報を掲載するのか考えてみてください。最初は思うような成果が得られないかもしれませんが、リサーチする姿勢さえあれば最終的には結果に結びつくでしょう。

関連記事

  1. CMSで最も人気なのは「WordPress」!鉄板のHP作成ツールの特徴とは?

    CMSで最も人気なのは「WordPress」!鉄板のHP作成ツー…

  2. 初心者向けホームページ作成マニュアル!制作のメリット・デメリット

    初心者向けホームページ作成マニュアル!制作のメリット・デメリット…

  3. 自分でHP作るなら人気急上昇中の「Wix」を試してみよう!

    自分でHP作るなら人気急上昇中の「Wix」を試してみよう!

  4. 企業ホームページ作成のポイント!まずはこの3つを決めよう

    企業ホームページ作成のポイント!まずはこの3つを決めよう

  5. ホームページの作成費用の相場と内訳!制作会社を選ぶときのポイント

    ホームページの作成費用の相場と内訳!制作会社を選ぶときのポイント…

  6. ホームページ作成に欠かせないレンタルサーバーの選び方!おすすめ3選

    ホームページ作成に欠かせないレンタルサーバーの選び方!おすすめ3…

最新記事

  1. 企業ホームページ作成のポイント!まずはこの3つを決めよう
    企業ホームページとはその名の通り、企業概要や商品、サービスなどをPRするためのホームページです。…
  2. ホームページ作成における広告の活用術!広告の種類と特徴
    ホームページの閲覧数を増やすひとつの手段としておすすめなのが「広告」です。ホームページを作成…
  3. ホームページ作成の第一歩は「目的」を決めること!理由と考え方
    ホームページ作成を開始する上で、まず決めておくべきことが「目的」です。ホームページを作成し、…
  4. ホームページ作成の手順!5ステップで企画から運用まで
    会社や店舗、サービスに関するホームページを作成するとして何から手をつければいいか困りませんか?…
  5. ホームページ作成に欠かせないレンタルサーバーの選び方!おすすめ3選
    ホームページ作成には欠かせないサーバーですが、大きく分けて「自社サーバー」と「レンタルサーバー」があ…
  6. ホームページの作成費用の相場と内訳!制作会社を選ぶときのポイント
    ホームページは自身に相当な知識がない限りは、制作会社に作成を依頼するのが基本です。そこで気に…
  7. ホームページ作成入門!先ずは知っておきたい4つの基礎知識
    会社や店舗のホームページは一般的に制作会社に依頼するものですが、自身での作成もできます。しか…
  8. 初心者向けホームページ作成マニュアル!制作のメリット・デメリット
    本来、ホームページの作成には最低限のデザイン、コーディング(プログラミング)の知識が求められます。…
  9. WordPressと連動する「賢威」でサイトの集客率をアップ!
    せっかく独立開業して会社のホームページを作成したのなら、できるだけ多くのネットユーザーにコンテンツを…
  10. HP作成なら最も有名な「ホームページビルダー」もおすすめ!
    おしゃれでかっこいいホームページを見ると、「こんなページを作れるようになりたいな」と思うことってあり…
ページ上部へ戻る