独立開業!おすすめHP作成ツール5選

HP作成ソフトでプロ向けなら「Dreamweaver」!

HP作成ソフトでプロ向けなら「Dreamweaver」!

PDFリーダーやPhotoshopやIllustratorで有名なAdobe社にはホームページサイト作成のためのソフトも存在します。それは「Dreamweaver」です。Dreamweaverはビジネス向けサイトを作成するのに使うツールですが、プロも使用するほどの本格的な機能が詰まっています。

独立開業してHPをビジネスツールに活用したいという方は、やはり本格的な見栄えが良いHPを作りたいですよね。Dreamweaverはそれをかなえてくれるソフトです。この記事ではDreamweaverの特徴や値段、使い方などについてご紹介します。

1 Dreamweaverの特徴は?

ホームページを作成するツールとしては、たぶん一番有名なのが「ホームページビルダー」ですよね。でもプロの間ではDreamweaverがよりメジャーと言えるでしょう。このソフトは直観的にホームページを作成できるところもありますが、多機能なのでかなり勉強が必要なソフトでもあります。

Dreamweaverには以下のような特徴があります。

デザインビュー

HPは基本的にHTMLと画像でできています。そのため少し極端に言うと、メモ帳とペイントソフトでHPが作れちゃいます。「そんな簡単なの?」と思う方も多いのではないでしょうか。

ただその場合記号を1つでも間違えると、後でブラウザ表示した時にうまくいかなくなるので大変です。Dreamweaverのデザインビューでは、コーディングしている文章がリアルタイムで確認できるので効率的に作業ができるんです。

レスポンシブWebデザインの作成ができる

DreamweaverではレスポンシブWebデザインを作成するのに便利です。ネットでいろいろなサイトを見る時にパソコンを使う方は相当多いと思いますが、外出先ではタブレットやスマホを使うという方も今では多くいらっしゃいますよね。

外ではPCを持ち歩けないので、そういうタブレット端末を重宝するのではないでしょうか。もし自社のサイトをできるだけ多くのネットユーザーに見てもらいたいと思うなら、パソコンだけでなくモバイル端末にも対応したデザインにする必要があります。

そこで重要なのがレスポンシブWebデザインです。これはページのレイアウトやデザインをフレキシブルに調整するデザインのことです。Dreamweaverならあらゆる画面サイズでサイトやアプリをデザイン&コーディング&公開できるので便利ですよ。

あらゆるブラウザーやデバイスに対応

ネットを見る場合、色々なブラウザやデバイスが使われます。「あるユーザーはGoogle Chromeをアンドロイドタブレット使って、別のユーザーはWindowsでMicrosoft Edgeを使う」なんてことはよくあります。Dreamweaverはあらゆるブラウザーやデバイスに対応するサイトが作成できるので、対象になるユーザーが増えますよ。

Windowsのマルチモニターサポート

複数のディスプレイで仕事をするとはかどることってありますよね。DreamweaverはWindowsでマルチモニターの作業をする場合に、複数のモニターにページを表示できます。つまりより広いスペースでHP作成ができるということです。まな板が大きければカットできる材料も増えるように、ワークスペースが広いと作業が効率的になりますよ。

他にもDreamweaverには便利な機能がたくさんあるので、本格的にHP作成をしたいのであればおすすめです!

2 Dreamweaverは中級者以上向け

Dreamweaverは中級者以上向け

Dreamweaverは簡単に言えばあまり初心者向けではありません。高度な機能が詰まっているので、使いこなすためにはしっかりHP知識について学ばないといけません。

一応公式サイトにはチュートリアルが用意されていて、初心者向けの動画やテキストなどによる説明があります。これらのヒントを活用しながらちゃんと勉強すれば問題はありませんが、「できるだけすぐにHPを作りたい」という方もいらっしゃいますよね。

そういう場合にはDreamweaverよりも、ホームページビルダーの方が楽でしょう。まずは初心者向けのソフトでHPを立ち上げて、慣れてきたらでもDreamweaverでより本格的に仕上げる、というのも手ですよ。

でももしある程度ネットに強いという方であれば、最初からDreamweaverを使うのもおすすめです。Dreamweaverはかなり自由度の高いデザインができるからです。スキルが必要な分、自分だけのオリジナル度の高いサイトが作れますよ。

3 Dreamweaverの導入にはいくらかかる?

Dreamweaverはパッケージを購入するタイプの製品ではなく、月額や年払いで利用します。代表的なプランは以下の通りです(税別)。

個人の場合

単体プラン 

  • 2,480円(年間プラン/月払い)
  • 26,160円(年間プラン/一括払い)
  • 3,480円(月々プラン)

コンプリートプラン 

  • 5,680円(年間プラン/月払い)
  • 65,760円(年間プラン/一括払い)
  • 8,980円(月々プラン)

単体プランは1種類のデスクトップアプリケーション、1ライセンスあたりの価格です。コンプリートプランはすべてのデスクトップアプリケーション、1ライセンスあたりの価格です。

法人の場合(ライセンスごと)

  • 3,780円(年間プラン/月払い)
  • 45,360円(年間プラン/一括払い)

4 まとめ

Dreamweaverは多機能でオリジナリティあふれるホームページを作成するのにとても優れています。ただ高機能な分操作には慣れや知識が必要でしょう。もし気軽にHPを作りたいというのであれば初心者向けHP作成ツール、こだわりたいというのであればDreamweaverというように使い分けるといいですよ。

関連記事

  1. CMSで最も人気なのは「WordPress」!鉄板のHP作成ツールの特徴とは?

    CMSで最も人気なのは「WordPress」!鉄板のHP作成ツー…

  2. 自分でHP作るなら人気急上昇中の「Wix」を試してみよう!

    自分でHP作るなら人気急上昇中の「Wix」を試してみよう!

  3. HP作成なら最も有名な「ホームページビルダー」もおすすめ!

    HP作成なら最も有名な「ホームページビルダー」もおすすめ!

最新記事

  1. WordPressと連動する「賢威」でサイトの集客率をアップ!
    せっかく独立開業して会社のホームページを作成したのなら、できるだけ多くのネットユーザーにコンテンツを…
  2. HP作成なら最も有名な「ホームページビルダー」もおすすめ!
    おしゃれでかっこいいホームページを見ると、「こんなページを作れるようになりたいな」と思うことってあり…
  3. 自分でHP作るなら人気急上昇中の「Wix」を試してみよう!
    独立開業したい方にとって大きな課題の一つは集客力です。そして集客力を高めるツールといえばやはりホーム…
  4. HP作成ソフトでプロ向けなら「Dreamweaver」!
    PDFリーダーやPhotoshopやIllustratorで有名なAdobe社にはホームページサイト…
  5. CMSで最も人気なのは「WordPress」!鉄板のHP作成ツールの特徴とは?
    独立開業した場合、最も力を入れたいことの一つがホームページ制作ですよね。看板や広告などで自社のサービ…
ページ上部へ戻る